タグ: 林道

「野呂山」満天の星空を満喫する星降る展望台

星降る展望台

野呂山は広島県呉市に位置する標高839mの山で、近隣の都市部から気軽に訪れることができる瀬戸内海国立公園である。
瀬戸内海を一望に見渡せる野呂山は軍港呉に近かったこともあって戦前は海軍の要塞地帯として深いベールに包まれていたが、

「聖湖の林道」聖湖 聖山 自然とふれあえる場所

聖湖(ひじりこ)とは、広島県山県郡(やまがたぐん)北広島町、太田川水系柴木(しばき)川に中国電力株式会社が昭和32年10月発電用に樽床(たるとこ)ダムを建設した時にできた人造湖を地元の人々は親しみを込めて聖湖(ひじりこ)と呼んでいます。

桜越しに見る中国山地は雄大で美しい神ノ倉山

広島市の北部にそびえる神ノ倉(かんのくら)山、山全体が憩いの公園として親しまれている桜の名所として知られ、昭和30年代から植樹、現在も「神ノ倉公園」として整備を継続、約千本の桜をはじめ、ツツジやフジが色鮮やかに咲き乱れる。

飛鳥時代に天皇が流星をみた星居山(ほしのこやま)

古代日本の地方国家は吉備国で、天空が鳴動すると見るまに、奥山一体と麓を真昼のような光りが照らし日の出ころには消え去った。翌日も翌々日も同じような現象が起こったが、その後は何事もなかったように普通の日が続く。ところが、再び大鳴動とともに、

止呂橋から止呂峡をながめ笹ヶ峰登山口へ向かう林道

国道194号を西条市からいの町へ向かう途中に笹ヶ峰林道登山口へ向かう林道がある。笹ヶ峰とは、石鎚山、瓶ガ森とともに「伊予の三名山」である。笹ヶ峰の山岳信仰は石鎚山より古いとされているが、その栄華は完全に石鎚山に奪われてしまっている。

「天空の林道」中津明神山と平家落人伝説

中津明神山は愛媛県久万高原町と高知県仁淀川町の境にそびえる山である。ドーム型の気象観測所が設けられた事からも分かるように展望はよい。北方に石鎚山系の山々、南に四国カルスト、東方に剣山系の山々、南に太平洋を見ることができる。

東三方ヶ森「木地奥線林道」鈍川渓谷

今治の名湯、鈍川温泉郷の奥に美しい景勝地がある、鈍川渓谷である。自然が形ずくった景色に透きとおる川の水にあぜんとする渓谷美である。その渓谷からさらに奥の道は、東三方ヶ森の北側を通り水ヶ峠へ抜ける林道木地奥線がある。この辺りの地名は木地である。

東三方ヶ森「木地奥線林道」水ヶ峠

今治から松山へ峠をこえる奥道後経由の道(国道317号)その途中、水ヶ峠トンネル手前で左へ入る林道木地奥線がある。林道は東三方ヶ森の北側を通り鈍川温泉奥の林道とつながっている。林道木地奥線は厳重に施錠管理され車両は通行できない。

愛媛県今治市玉川町の楢原山にあった奈良原神社

愛媛県今治市玉川町の楢原山(ならばらさん)にあった奈良原神社。ふもとにある鈍川温泉郷は今治藩の湯治場として栄え現在に至る名湯である。楢原山(標高1041m)の周りには東三方ヶ森、南三方ヶ森、西三方ヶ森、北三方ヶ森、四つの山が鎮座する。