原付二種で巡る!トレッキング風土記

広島県その周辺地域の名所や旧道林道廃道を原付二種のオフロードバイクで巡るツーリング紀行を記録しています。

広島県竹原市忠海の「エデンの海」で白砂青松を偲ぶ

      2017/10/01

石碑「エデンの海」は国道185号さざなみ海道にあるパーキングエリアにあるんど

「エデンの海」ツーリング紀行文

広島県竹原市忠海、国道185号は海岸線を走るまさに瀬戸内海の雰囲気を満喫できる愛称:さざなみ海道がある。

そこに海に突出すように小さなパーキングエリアが、それが「エデンの海」なのである。

瀬戸内海を見渡せる絶景のスポットである。

国道185号をツーリングした方は知ってるだろうが、いたるところが絶景なのである。

昔は沢山あったと聞いている白砂青松がまさにこの地域にあったのだろうと少し偲んでみた。

国道185号が海岸線を走っているので、ことごとく砂浜はなくなったのであろう。

白砂青松とは、白い砂浜と青い松の風景で昔の瀬戸内海の代表的な風景である。

高度成長期にことごとく砂浜は埋め立てられ工場や都市化されたのである。

この小さなパーキングエリアが、なぜ「エデンの海」となったのかは、若杉慧の小説「エデンの海」(1946年発表)が原点である。

あらすじは、東京から忠海女子学校へ赴任した新任男性教師と女子学生の禁断青春物語なのである。

余程のヒット作なのか、3度にわたり映画化、またテレビドラマ化もされている。

初回の映画はここ「エデンの海」近郊がロケ地で忠海女子学校の校庭と砂浜がつながっていたらしいのだが、のち国道185号によって分断されたのである。

ここは、小説「エデンの海」の舞台であり、映画「エデンの海」のロケ地なのである。

パーキングエリア
エデンの海からの瀬戸内海(左)
海岸線に国道185号をのぞむ
エデンの海からの瀬戸内海(右)

今回巡った場所

国道185号は三原市から呉市をつなぐ幹線道路。海岸線を走る区間も多くTHE瀬戸内海って感じの雰囲気満載!

近くのおすすめスポット

竹原シーサイドホテル
砂浜で潮風タップリ浴、海水浴、たけはらの町並み、うさぎの島、釣りなど

ホクストン
パスタやピザをメインに、手作りのデザートやオリジナルブレンドコーヒーや本格的イタリアンコーヒーがいただけるお店

宿・ホテル予約は、るるぶトラベル。
スクロール地図で周辺地域も簡単に検索できる宿・ホテル予約サイト。
便利なビジネスホテルから、高級旅館まで掲載!

こちらの記事もどうぞ!

                    

 - 竹原市