原付二種で巡る!トレッキング風土記

広島県その周辺地域の名所や旧道林道廃道を原付二種のオフロードバイクで巡るツーリング紀行を記録しています。

岡山県高梁市 自然の巨石をくぐる道「羽山渓」

      2017/10/01

巨石を素掘りでくりぬいたトンネルは県道が通過しとるんじゃ。この岩でかいじゃろ。

「羽山渓」ツーリング紀行文

岡山県高梁市成羽町羽山の「羽山渓」そこに巨大な自然石をくりぬいて造られた素堀のトンネルがある。

江戸中期から明治にかけ、朱色の瓦の「べんがら」が日本唯一の巨大産地として繁栄を極めた吹屋から成羽を結び大量の物資を運ぶ幹線道路があったのだが…

近代には車両の交通(荷車・人力車など)の進展にともない従来の尾根筋を通る道では急勾配なため、急きょ緩い傾斜の道路が必要とされた。

そこで、島木川沿いの「羽山渓」ルート、県道宇治下原線(県道300号)が建設される。

その後、大正8年から約2年の歳月をかけて岩盤をくりぬくトンネルが建設されたのが、今日見られる素堀のトンネルなのである。

現在、幹線道路は「かぐら街道」などの開通があり交通量は激減している。

岩のトンネルから見上げた写真
岩のトンネルの反対側
県道宇治下原線の風景
岩のトンネル内部の写真
羽山渓の看板
トンネルではないが、くりぬかれた岩

今回巡ったルート

県道300号で全線舗装された渓谷を走り抜ける道。他のツーリング客もチラホラいるので、先の見えないカーブは勿論注意が必要。巨石トンネルはロッククライマーの練習場となっていて歩行者がいる場合もありそうです。

近くのおすすめスポット

吹屋ふるさと村
赤銅色の石州瓦とベンガラ色の外観で統一された、見事な町並みが整然と続く吹屋の町並み、この町並みこそ、江戸末期から明治にかけ、吹屋の長者達が後世に残した最大の文化遺産

宿・ホテル予約は、るるぶトラベル。
スクロール地図で周辺地域も簡単に検索できる宿・ホテル予約サイト。
便利なビジネスホテルから、高級旅館まで掲載!

こちらの記事もどうぞ!

                    

 - 高梁市 ,