「天空の林道」中津明神山と平家落人伝説


中津明神山なかつみょうじんざん々頂から眺める天空の林道なんじゃ

 「天空の林道」ツーリング紀行文

中津明神山なかつみょうじんざんは愛媛県久万高原町くまこうげんちょうと高知県仁淀川町の境にそびえる山である。ドーム型の気象観測所が設けられた事からも分かるように展望はよい。北方に石鎚山系の山々、南に四国カルスト、東方に剣山系の山々、南に太平洋を見ることができる。その山頂から見下ろす形で、ここ近年「天空の林道」と称される大パノラマの景色は圧巻である。

山頂には小さな鳥居とほこら、名野川城跡の標識がある。平家の落人がここに城を築いたのである。この地域は平家落人伝説がある。ここから東へ数キロ越智町の横倉山の「安徳あんとく天皇潜幸せんこう伝説」が有名である。安徳天皇はこの地で亡くなったのである。壇ノ浦の戦で8歳の安徳天皇を抱いて入水したのは按察使局あぜちのつぼね、安徳天皇はこの時亡くなったとされるのがおおかたの史実である。

「安徳天皇潜幸伝説」では壇ノ浦の戦で秘かに難を逃れ四国山地を転々としたどりついたのが横倉山である。山中暮らしに耐えていたが病床に伏せ、23歳で亡くなったのである。按察使局あぜちのつぼねは引揚げられその後も生きているのが・・・悩ましいのである。国道33号より中津明神山へ駆け上がっていくのだが、その途中に景勝地、中津渓谷がある。

近年「仁淀ブルー」という言葉がもてはやされている。太陽の光や空の青さが入り混じって神秘的な色合いを見せる。これが「仁淀ブルー」である。見る場所は「にこ淵」「安居渓谷やすいけいこく」「中津渓谷」が有名である。青く透明な水の色、青すぎる絶景を目の当たりにし足がとまるのである。


中津明神山々頂の気象観測所と鳥居


中津明神山1541m


天空の林道から眺める中津明神山

 今回巡ったルート

国道33号線からの入り口は比較的分かり易いと思う。途中、中津渓谷が現れるがその横を山へと駆け上がって行く集落があらわれ分岐の道もチラホラあり迷うかも知れないが、スカイパークを目指せば迷わないと思う。そこからは森の中をひたすらぐねぐね駆け上がっていく、するとしだいに視界が開け笹が生い茂る。そこから頂上まではすぐである。ここまでの道は舗装路で問題なし、天空の林道を走るとなれば、話は違う。結構ガレてて走りにくいし神経使うし、こければケガするかものレベルの道である。

 近くのおすすめスポット

中津渓谷 ゆの森
自然豊かな温泉宿でコテージもあり、お風呂は木のぬくもりを感じることが出来ます。

宿・ホテル予約は、るるぶトラベル。
スクロール地図で周辺地域も簡単に検索できる宿・ホテル予約サイト。
便利なビジネスホテルから、高級旅館まで掲載!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。