愛媛県松山市猪木「高縄山」神様の宿る場所

2019年8月2日松山市


山頂の展望台からの眺めじゃ

高縄山ツーリング紀行

愛媛県高縄半島たかなわはんとうの松山市北東に高縄山はある。

山頂の展望台からは瀬戸内海の島々、北東側には今治市の市街を一望できる。

眼下西方面には北条平野の田園風景が広がる。

高縄山は太古の昔から霊山として信仰される山である。

相当古い時代から、修行僧らの場として使用されてきた寺院が建立され、その山頂には高縄大権現だいごんげんのほこらが祭られる。

権現の呼び名は日本の神々が仏教にとりいられた際に神号として多く用いられる。

高縄山は仏教が伝わる以前から神様の宿る場所として人々に信仰崇拝されていたのはあきらかである。

山頂の近く、高縄寺の由来によれば桓武天皇かんむてんのう(平安初期)時代に寺号を「河野山 高縄寺」と改め千手観音を安置するとあり。

後に当地支配者である河野通信みちのぶが(平安末期)千手観音を本尊として寺院を再建するとある。

この千手観音は県指定文化財である。

山頂の展望台からの眺め
山頂の展望台からの眺め
大権現にちなんだ漢詩


山頂にある高縄山の石柱

展望台下の広場にある
山頂にある高縄大権現のほこら
山頂付近に咲いてたリンドウの花

高縄山のルート

全線舗装路で走りやすい道路、分岐もあるが迷わないレベルだと思う。

山頂付近は一車線となり先の見えないカーブは注意が必要である。

登山者もチラホラ。

宿・ホテル予約は、るるぶトラベル。
スクロール地図で周辺地域も簡単に検索できる宿・ホテル予約サイト。
便利なビジネスホテルから、高級旅館まで掲載!