カテゴリー: 神石高原町

飛鳥時代に天皇が流星をみた星居山(ほしのこやま)

古代日本の地方国家は吉備国で、天空が鳴動すると見るまに、奥山一体と麓を真昼のような光りが照らし日の出ころには消え去った。翌日も翌々日も同じような現象が起こったが、その後は何事もなかったように普通の日が続く。ところが、再び大鳴動とともに、