原付二種で巡る!トレッキング風土記

広島県その周辺地域の名所や旧道林道廃道を原付二種のオフロードバイクで巡るツーリング紀行を記録しています。

「 広島県 」 一覧

鞆の浦 常夜灯「潮待ちの港 歴史の町」

2017/08/27   福山市

古来、瀬戸内海を通過するには「鞆の浦」で潮流が変わるのを待たなければならない。万葉集に詠まれるように、「潮待ちの港」として古くから知られている町なのである。推定ではあるが、魏志倭人伝に書かれる「投馬国」であり、5万余戸の人家があり、と記される。

広島県竹原市 塩で栄えた古い町

2017/08/19   竹原市

広島県竹原市の『町並保存地区』は、江戸・明治・大正の古き良き時代の町並みを整備・維持して『安芸の小京都』と称されている。よくある観光地化された小京都というよりも、さりげない日常の中にある古い町並みで、とにかくのんびりとした感じであった。

飛鳥時代に天皇が流星をみた星居山(ほしのこやま)

2017/08/16   神石高原町 ,

古代日本の地方国家は吉備国で、天空が鳴動すると見るまに、奥山一体と麓を真昼のような光りが照らし日の出ころには消え去った。翌日も翌々日も同じような現象が起こったが、その後は何事もなかったように普通の日が続く。ところが、再び大鳴動とともに、

山の中なのに何故か栄えた上下の歴史

2017/08/14   府中市

広島県府中市上下町、旧石見銀山から瀬戸内海への銀山街道の宿場町で天領とされ金融業で栄えた町である。天領というのは、江戸幕府の直接支配した土地のことで、幕府の主要な財源を確保するものでる。勿論、石見銀山も江戸幕府の天領である。

広島県竹原市忠海の「エデンの海」で白砂青松を偲ぶ

2017/07/02   竹原市

広島県竹原市忠海、国道185号は海岸線を走るまさに瀬戸内海の雰囲気を満喫できる愛称:さざなみ海道がある。そこに海に突出すように小さなパーキングエリアが、それが「エデンの海」なのである。瀬戸内海を見渡せる絶景のスポットである。

東広島市河内町「小野篁と竹林寺」旧道・林道

2017/05/28   東広島市

竹林寺(ちくりんじ)は広島空港からほど近い広島県東広島市河内町の篁山(たかむらやま)の山頂付近にある。寺社由来によれば、730年に行基(ぎょうぎ-奈良時代の日本の僧)によって桜山花王寺として建立される。竹林寺と小野篁(おののたかむら-平安時代前期の公卿・文人)

東広島市高屋町「平賀弘保と頭崎城跡」頭崎山

2017/05/25   東広島市

東広島市高屋町の頭崎山(かしらざきやま)に戦国時代の山城、頭崎城跡がある。戦国武将、平賀弘保(ひろやす)は拠点の白山城では防備に不安を感じ、息子の興貞(おきさだ)を城主にすえ築城した城である。しかし、興貞(おきさだ)は父と子の意に反し

多島美は瀬戸内海随一と評される筆影山

2017/05/19   三原市 ,

筆影山その山頂から眺める瀬戸内海の島々はとても美しいことで有名で、その多島美は瀬戸内海随一と評される。春には桜の名所となり花見を楽しむ人でにぎわう。冬の朝、沼田川の河口から流れ込む水と海水の温度差によって発生する海霧現象は幻想的で

広島県福山市郷分町「石鎚山」石鎚神社の多い街

2017/05/13   福山市 ,

広島県福山市「石鎚山」市街地の北にあり、芦田川がこの山の裾で大きく曲がる。この山の周辺には、いくつもの石鎚神社がある。この地域には古くから石鎚信仰(愛媛県の霊山)があり石鎚講(信仰者の集り、結社・団体)が存在していたのである。石鎚講・福山講中は安永九年

龍が天下った地「蛇円山」

2017/05/05   福山市

福山市駅家町雨木。蛇円山(じゃえんざん)その名は昔、龍が天下った伝説から名付けられる。山頂に鎮座する高おかみ神社、鎌倉時代に梶原景時によって造営される。蛇円山の東北に原城と呼ばれる山城跡がある。源頼朝がこの地域を治めるために梶原景時と土肥実平に築かせた城である。