カテゴリー: 愛媛県

止呂橋から止呂峡をながめ笹ヶ峰登山口へ向かう林道

国道194号を西条市からいの町へ向かう途中に笹ヶ峰林道登山口へ向かう林道がある。笹ヶ峰とは、石鎚山、瓶ガ森とともに「伊予の三名山」である。笹ヶ峰の山岳信仰は石鎚山より古いとされているが、その栄華は完全に石鎚山に奪われてしまっている。

愛媛県松山市猪木「高縄山」神様の宿る場所

愛媛県高縄半島の松山市北東に高縄山はある。山頂の展望台からは瀬戸内海の島々、北東側には今治市の市街を一望できる。眼下西方面には北条平野の田園風景が広がる。高縄山は太古の昔から霊山として信仰される山である。 相当古い時代から

「天空の林道」中津明神山と平家落人伝説

中津明神山は愛媛県久万高原町と高知県仁淀川町の境にそびえる山である。ドーム型の気象観測所が設けられた事からも分かるように展望はよい。北方に石鎚山系の山々、南に四国カルスト、東方に剣山系の山々、南に太平洋を見ることができる。

東三方ヶ森「木地奥線林道」鈍川渓谷

今治の名湯、鈍川温泉郷の奥に美しい景勝地がある、鈍川渓谷である。自然が形ずくった景色に透きとおる川の水にあぜんとする渓谷美である。その渓谷からさらに奥の道は、東三方ヶ森の北側を通り水ヶ峠へ抜ける林道木地奥線がある。この辺りの地名は木地である。

東三方ヶ森「木地奥線林道」水ヶ峠

今治から松山へ峠をこえる奥道後経由の道(国道317号)その途中、水ヶ峠トンネル手前で左へ入る林道木地奥線がある。林道は東三方ヶ森の北側を通り鈍川温泉奥の林道とつながっている。林道木地奥線は厳重に施錠管理され車両は通行できない。

愛媛県今治市玉川町の楢原山にあった奈良原神社

愛媛県今治市玉川町の楢原山(ならばらさん)にあった奈良原神社。ふもとにある鈍川温泉郷は今治藩の湯治場として栄え現在に至る名湯である。楢原山(標高1041m)の周りには東三方ヶ森、南三方ヶ森、西三方ヶ森、北三方ヶ森、四つの山が鎮座する。