テントの周りで 焚き火 をするのはマナー違反になりませんか?

■キャンプ場での火の扱い方

テントの横で 焚き火 台などの道具を使えばできますよ。

芝生や地面にダメージを与えなければ良いです。

私は使い古しの割り箸を貯めておいて、キャンプで燃やしています。

キャンプ場で売ってる薪ですがソロウッドストーブだと大きすぎます。

枝でも拾っても、そんなに集まらない場合もあるでしょう。

湿気ているので火付は悪く着いても煙が結構出ます。

あらかじめ角材を材木屋で貰ったりホームセンターで薪を買ってノコやナタで使いやすい大きさで作っておくと便利です。

枝を切るのにラチェット式の剪定バサミが有ると便利ですよ。

キャンプ場によって違うということはあるでしょうが、キャンプのありようとしての火の使い方と言う点で参考になったのではないでしょうか?

■トイレに行く時は火を消すべき

トイレや炊事でサイトから離れる程度で火を消す人はいません。

あらかじめ多少風が吹いても燃え移る物が無いようにテント等から少し離れた場所で焚火をして下さい。

少し目を離した位で火事になる情況ではやるなということです。

強風突風の時とか制御しきれない場合は焚き火禁止ってこと。

火柱が立つほど燃え盛っている場合は火が落ち着いてからトイレに行くのが良いでしょうね。

■最後に残った灰の処理

持ち帰りが基本ですが、キャンプ場次第で、たいてい灰を捨てる場所があります。

荷物に余裕があれば火消しツボ(蓋つきの缶で良)を持って行くと処理が格段に楽になるのでオススメします。

夜に酒飲みすぎて眠くなった 等々で火の処理をする場合、事故防止のためにもあると便利です。

■星や月が見えるところで火を焚いて、好きな物を飲んでゆったり過ごす

設備のないところで火をたくのは禁止されています。

関東は混んでる場所が多いですが他の地域ならこれからのシーズンはオートキャンプ場では無いキャンプ場や野営場、キャンプの可能な河川敷や浜などなら家族連れも少なくマッタリできる場所が多々あります。

キャンプ場以外の場所だと水場やトイレが無かったりゴミや焚き火の始末、防犯上の問題含め此方で質問してる状態だと色々難しいかも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。